【豊かな人生を送る会】年越し蕎麦にまつわるお話です。

豊かな人生を送る会より

 

12月31日、大晦日に年越し蕎麦を食べる風習があります。

地域によって特色があり、呼び方も「つごもり蕎麦」や「運蕎麦」など、さまざまです。

 

江戸時代には、定着していた日本の風習です。

蕎麦が他の麺類に比べて切れやすいことから

「今年一年の災厄を断ち切る」という意味を込めて、大晦日の晩、年越し前に食べます。

 

年越し蕎麦の由来は

細く長いことから延命・寿命を願ったものであるという説や

一年間の苦労を切り捨てて翌年に持ち越さないよう願ったものであるという説、

家族との縁が長く続くようにという意味を込めたものという説など、さまざまにあります。

 

大晦日に年越し蕎麦を食べる人は

半数以上こえており、深く文化として根付いています。

大晦日には年越し蕎麦を、意味を思い出しながら食べてみませんか。

 

98b7580b3149413b036f6ed1a29271ab_s

コメントを残す