【豊かな人生を送る会】七夕とそうめんの深い関係をご紹介します

豊かな人生を送る会

 

明日7月7日は七夕ですね。

各地では笹や短冊、ちょうちんなど七夕飾りの準備が進められています。

ある地域では、七夕にそうめんを食べる文化がございます。

七夕とそうめんには深い関係、由来があります。

a14993e90e1a5f585f7dd6280474b3c1_s

七夕にそうめんを食べる文化は平安時代から始まったといわれています。

927年に作られた宮中の作法と儀式を記した法典「延喜式」に

七夕に索餅(さくべい)という小麦粉と米粉で作った麺を

お供えすることが定められていました。

 

索餅は中国から伝来した食べ物であり、

索餅をお供えすると流行り病にかからないという言い伝えがあります。

この言い伝えにあやかって、日本でも索餅をお供えしたといわれています。

 

他にも、七夕に行われていた、着物を織る技術の上達を願うお祭りである

「乞巧奠(きこうでん)」にちなんで、機織と関係の深いそうめんを食べるようになったこと、

小麦の収穫を神様に報告すること、

栄養豊富なそうめんで体力をつけることなど、さまざまな言い伝えがあります。

笹や短冊の準備にあわせて、そうめんを食べて良い夏を過ごしてみてはいかがでしょうか。

98b7580b3149413b036f6ed1a29271ab_s

 

豊かな人生を送る会


讃岐の小豆島で400年近く続く伝統の手延べ製法のそうめんです。贈り物におすすめです。

コメントを残す