【結婚式のお手伝い委員会】結納は地方の生活文化に根付いたものです

結婚式のお手伝い委員会より

 

結婚の約束を形に表すものに結納がございます。

結納では男性から女性へ、結婚の約束として品物を贈ります。

077296

 

結納は約1400年前、

仁徳天皇の皇太子である、のちの履中天皇が

結婚の際にお相手へ贈り物をしたことが起源であるといわれています。

室町時代に結納の作法が整えられ、公家や武家の間で行われました。

一般でも行われるようになったのは、明治時代からです。

 

結納の儀式は何百年もの歳月をかけて

それぞれの地方の生活に深く根付きました。

そのため、地方によって結納の方法や結納品が異なります。

例えば、九州地方では結納の際にお茶を贈る習慣があります。

 

地方の生活文化をあらわした結納は両家で行う初めてのイベントです。

自分の願いと相手への誠意を込めて結納品を贈りましょう。

 

豊かな人生を送る会

コメントを残す